【ブライトエイジの成分】副作用はあるの?肌老化ブロックの驚きの理由

ブライトエイジ 成分

更新日:

成分トップ画像

2017年に製薬会社「第一三共ヘルスケア」から発売されたブライトエイジ

通販限定の高品質化粧品で、全方位エイジングケアが可能ということもあって注目のアイテムです。

ここではブライトエイジの成分と副作用について徹底リサーチしちゃいました☆

効果のある化粧品って成分とか副作用が気になりますよね...

ブライトエイジの全成分

【メイク落とし】クリア ミルククレンジングの成分

メイク落とし画像2

【有効成分】グリチルレチン酸ステアリル

アーティチョークエキス、パンテチン液、コラーゲン・トリペプチド F、マリンエラスチン、海藻エキス-1、フィトステロール、ステアロイルフィトスフィンゴシン、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、DL-PCA・Na液、セリン、プロリン、アルギニン、グリシン、アラニン、トレオニン、リジン液、L- グルタミン酸、水、濃グリセリン、イソノナン酸イソトリデシル、流動パラフィン、BG、トリエチルヘキサン酸グリセリル、イソステアリン酸POEグリセリル、ジメチコン、POEヤシ油脂肪酸グリセリル、ラウロイルメチル-β-アラニンNa液、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、ククイナッツ油、オレンジ油、天然ビタミンE、ラベンダー油、ローマカミツレ油、月見草油、ヒドロキシアパタイト、ベタイン、水添大豆リン脂質、パラベン、ソルビット液

【洗顔料】クリア クリーミーウォッシュの成分

洗顔料画像2

【有効成分】グリチルレチン酸ステアリル

アーティチョークエキス、パンテチン液、コラーゲン・トリペプチド F、マリンエラスチン、海藻エキス-1、フィトステロール、ステアロイルフィトスフィンゴシン、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、DL-PCA・Na液、セリン、プロリン、アルギニン、グリシン、アラニン、トレオニン、リジン液、L-グルタミン酸、水、ミリスチン酸、水酸化K、BG、ステアリン酸、濃グリセリン、ジステアリン酸グリコール、POE水添ヒマシ油、ステアロイルグルタミン酸2Na、白糖、パルミチン酸、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、水添大豆リン脂質、ラウロイルメチルタウリンNa、オレンジ油、ヒアルロン酸Na-2、ラベンダー油、ローマカミツレ油、ヒドロキシアパタイト、べタイン、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、パラベン、ソルビット液

【化粧水】リフトホワイト ローションの成分

化粧水画像2

【有効成分】トラネキサム酸

アーティチョークエキス、パンテチン液、コラーゲン・トリペプチド F、マリンエラスチン、海藻エキス-1、イシゲ抽出物、フィトステロール、ステアロイルフィトスフィンゴシン、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、DL-PCA・Na液、セリン、プロリン、アルギニン、グリシン、アラニン、トレオニン、リジン液、L-グルタミン酸、グリセリルグルコシド液、水、BG、濃グリセリン、ジグリセリン、ベタイン、ペンチレングリコール、PEG1540、POE水添ヒマシ油、カルボキシビニルポリマー、キサンタンガム、水酸化K、クエン酸Na、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、無水クエン酸、水添大豆リン脂質、パラベン、ソルビット液

【乳液美容液】リフトホワイト パーフェクションの成分

乳液美容液画像2

【有効成分】トラネキサム酸

アーティチョークエキス、パンテチン液、コラーゲン・トリペプチド F、マリンエラスチン、海藻エキス-1、イシゲ抽出物、フィトステロール、ステアロイルフィトスフィンゴシン、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、DL-PCA・Na液、セリン、プロリン、アルギニン、グリシン、アラニン、トレオニン、リジン液、L-グルタミン酸、水、BG、濃グリセリン、ベタイン、ジグリセリン、ペンチレングリコール、ベヘニルアルコール、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・ベヘニル・2-オクチルドデシル)、マカデミアナッツ油、シュガースクワラン、ステアリン酸ポリグリセリル、ワセリン、水添大豆リン脂質、ヘキサオキシステアリン酸ジペンタエリスリチル、ジメチコン、メチレンビス(イソシアナトシクロヘキサン)・PPG共重合体、グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液、ポリビニルアルコール、ヒドロキシエチルセルロース、カルボキシビニルポリマー、油溶性カロットエキス、天然ビタミンE、オレイン酸ジヒドロコレステリル、ノナン酸コレステリル、スフィンゴ糖脂質、長鎖分岐脂肪酸コレステリル、酪酸コレステリル、酪酸ジヒドロコレステリル、オレイン酸フィトステリル、水酸化K、パラベン、ソルビット液

【CCクリーム】リフトホワイトUVベース CCの成分

ccクリーム画像

【有効成分】トラネキサム酸

アーティチョークエキス、パンテチン液、コラーゲン・トリペプチド F、マリンエラスチン、海藻エキス-1、イシゲ抽出物、フィトステロール、ステアロイルフィトスフィンゴシン、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、DL-PCA・Na液、セリン、プロリン、アルギニン、グリシン、アラニン、トレオニン、リジン液、L-グルタミン酸、べタイン、ビルベリー葉エキス、水、シクロペンタシロキサン、ジメチコン、酸化Zn、微粒子酸化Ti、酸化Ti、メチルフェニルポリシロキサン、酸化Al、硫酸Ba、メチルシロキサン網状重合体、PEG-9 ポリジメチルシロキシエチル ジメチコン、架橋型ジメチコン、トリシロキサン、架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物、メチルハイドロジェンポリシロキサン、水酸化Al、セリサイト、黄酸化Fe、ヒドロキシアパタイト、ベンガラ、無水ケイ酸、BG、DPG、イソノナン酸イソトリデシル、ミリスチン酸、ステアロイルグルタミン酸2Na、ステアリン酸、ジステアリルジメチルアンモニウムヘクトライト、ソルビット液、ビタミンE、塩化Na、クエン酸Na、水添大豆リン脂質、フェノキシエタノール、パラベン

【ブライトエイジ 成分解析】美容成分を解説

ブライトエイジの成分の中で、主な美容成分を下記にあげました。

この中でも特に中心的な美容成分がトラネキサム酸です。

アーティチョークエキス 肌のくすみや色素沈着を予防・改善する新たな美白成分です
トラネキサム酸 メラニンの生成を抑えシミ・ソバカスを防ぎます
イシゲエキス 海由来保湿成分から抽出された褐藻エキスです。もともとは鳥羽産のコスメに配合されている保湿成分として注目され、肌細胞をふっくらさせて、たるみやシワの原因を防ぐことができます。
パンテチン 保湿成分です。
ヒバマタ ヒバマタエキスは新陳代謝を活発にして肌のターンオーバーを促進してくれます。様々な肌悩みを解消し健やかで美しい肌に整えてくれます。また、肌本来の力を取り戻し、若々しい肌へと導きます。
コラーゲンミックス 保湿成分です。コラーゲン・トリペプチド F、BG、水からできています。
マリンエラスチン 保湿成分です。肌の弾力やハリを維持する効果があるとされています。
セラミドミックス 細胞間脂質保湿成分です。水添大豆リン脂質、フィトステロール、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、ステアロイルフィトスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、水、ベタイン、DL-PCA・Na液、ソルビット液、セリン、グリシン、L-グルタミン酸、アラニン、リジン液、アルギニン、トレオニン、バラベンからできています。
アミノ酸ミックス 角質層のNMF保湿成分です。セラミドミックスと同じく、水添大豆リン脂質、フィトステロール、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、ステアロイルフィトスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、水、ベタイン、DL-PCA・Na液、ソルビット液、セリン、グリシン、L-グルタミン酸、アラニン、リジン液、アルギニン、トレオニン、バラベンからできています。

ブライトエイジの美容成分「トラネキサム酸」がエイジングケアに効く訳

トラネキサム酸2つの役割

薬用美容成分「トラネキサム酸」の役割は、年齢肌炎症により発生した炎症性物質(トリプターゼ)をブロックする働きです。

また、トラネキサム酸は、メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ美白効果も併せ持っています。

トラネキサム酸の役割まとめ

  1. 抗炎症により、お肌のハリの低下、乾燥、くすみを抑えます
  2. 美白効果により、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぎます
トラネキサム酸の抗炎症効果と美白効果をもう少し詳しく説明しますね

ブライトエイジのトラネキサム酸の特徴

トラネキサム酸の抗炎症効果

トラネキサム酸説明画像

トラネキサム酸は、第一三共さんが開発したオリジナル美容成分。

トラネキサム酸には抗炎症効果があり、体内の炎症を抑える飲み薬などにも配合される「安全性の高い医薬部外品の有効成分」として医療関係者の間でも広く知られた成分です。

肌の内部では、紫外線や摩擦、乾燥といった、日常生活で生じる刺激によって、微弱な炎症が慢性的に起こります。これが年齢肌炎症です。

加齢も年齢肌炎症が起こる要因の1つとして考えられています。炎症性物質(トリプターゼや炎症性サイトカインなど)が発生すると、肌ダメージの原因に。

長期にわたりそれらの影響を受けると、ターンオーバーの乱れ、メラニンの産生促進、コラーゲンの破壊など、様々な肌トラブルが起こり、放置し続けると、シミ・ハリ不足・くすみ・乾燥などを引き起こします。

引用:ブライトエイジ公式サイト

年代別の炎症性サイトカイン量の比較

サイトカイン画像

出典:ブライトエイジ公式サイト

年代別の皮膚由来の細胞を培養し、炎症性物質の1つである炎症性サイトカイン(IL-8)の量を測定した結果、20~30代と比べ60~70代の皮膚組織中の炎症性サイトカイン量のほうが多いことが推察されました。

また、トラネキサム酸は上記の抗炎症効果に加え、メラニンの生成を抑える美白有効成分として医薬部外品に広く使われています。

トラネキサム酸を動画で解説

ブライトエイジを販売する第一三共ヘルスケアさん提供の動画があったので載せておきますね。

ブライトエイジの主要成分の役割などが分かりやすく解説されてますよ(^^)

(参考:ブライトエイジ公式サイト

ブライトエイジに副作用はあるの?危険成分は?

副作用の心配なし画像

全方位エイジングケアで美白効果もあるブライトエイジ。

美白に効く成分だとすると、気になるのが副作用。

結論からいうとブライトエイジに副作用の心配はありません。

ブライトエイジに副作用がない理由を2つ説明します

アレルギーの原因になりそうな物質・成分を極力排除

アレルギーイメージ画像

ブライトエイジは、下記の物質を使っていません。

  • エタノール
  • 合成着色料
  • 合成香料

さらにアレルギーテストも実施済みなので、基本的には副作用の心配はありません

もちろん、全ての人にアレルギーだ出ないと保証するものではないので、気になる方は使用前にアレルギーパッチテストをしてください。

私も1ヶ月間使いましたが、もちろん副作用は出ませんでした♪

ブライトエイジの水は「超純水」

超純粋イメージ画像

一般的な化粧水の水は「精製水」ですが、ブライトエイジの化粧品に使われている水は「超純粋」です。

「精製水」も通常の水に比べて圧倒的に不純物が少ないですが、「超純粋」はさらに純度が高く安全な水です。

「超純水」を使うことで浸透力をさらにあげています。

ブライトエイジの成分でパラベンが危ない?【噂はデマ】

副作用イメージ画像

ブライトエイジにはパラベンが入っています。

一部の方はパラベンを危険成分と考えているかもしれませんが、パラベン含んだ化粧品は数多く存在します。

しかし、パラベン自体は安全な物質で、配合される量が多いと問題です。

ブライトエイジに配合されているパラベン量はごく少量なので問題なし

『パラベン』は、微生物の増殖を防ぎ、化粧品の品質を維持する成分です。 化粧品を使用する際に、空気中や指に存在している雑菌が容器の中に入ってしまっても、増殖を防いでくれます。 古くから多くの国・地域で化粧品や食品などに活用されており、安全性の高い防腐剤として知られています。

引用:美容成分時点(資生堂)

ブライトエイジで白斑被害が出たのは本当?【噂】

白斑被害画像

ブライトエイジで白斑被害は報告されていません。

2013年7月にカネボウが販売していた美白化粧品で白斑被害が発生しました。

その時に問題になった成分は「ロドデノール」でした。(参考:カネボウ

ブライトエイジの美白成分はトラネキサム酸なので、全く別の成分です

ブライトエイジの成分まとめ

ブライトエイジの成分と副作用についてまとめました。

ブライトエイジの主要な美容成分はトラネキサム酸であり、抗炎症効果と美白効果があります。

「基本的には副作用はないけど、気になる方は使用前にパッチテストをしてください」という感じです。

水は超純水、エタノールフリー、アレルギーパッチテスト済みなので安心して使えそうですね♪

\初回限定の83%オフ/

公式キャンペーンで安くお試し

使い切ってもOK!全額返金保証付きで安心

Copyright© ブライトエイジ 口コミ , 2019 All Rights Reserved.